他人事とは思えません

同僚のお父様が胆嚢の手術をしました。どうやら腫瘍があるのらしいのですが、良性か悪性かはわかりません。今日の午後手術をしているようなのですが結果が気になります。ただ今回は内視鏡の手術なので一時間程度で済むらしいのでそう心配することはないのではないかと思います。だけどお父様は86歳なのですよ。縁起でもないのですが私の父が亡くなった年齢です。この年齢で手術する必要があるのでしょうか。母も同じ年なので他人事とは思えないのです。
ただねよく考えるとこれは私の勝手な思い込みですよね。全ての老人が枯れ果てているわけではないのです。この方は健啖家でいつも寿司が食べたい、焼肉が食べたいと言っているらしいのです。病気の原因もそれらしいのですが。

人は皆長生きをしたいと思うのでしょうがなぜ長生きをしたいのかは個人差がありますよね。仕事もそうかもしれない。だけどこの人は美味しい物を食べたいという気持ちで生きているわけですよね。だったらリスク覚悟で治療に臨むのは正しい選択ですね。骨になったら物は食べられませんから。